コンテンツへスキップ

子どものトイレトレーニングを成功させるには

子どものトイレトレーニングに苦労しているお母さんは多いのではないでしょうか。私もその悩めるお母さんの1人でした。私の家は「トイレに行きたがらない」「座っても出ない」「おしっこを教えてくれない」そんな状態でトイレトレーニングを始めました。

まず「トイレに行きたがらない」ことへの対策として、トイレの空間をトイレらしくないようにしました。例えば、子どもの好きなぬいぐるみを置いておいたり、お気に入りのキャラクターのポスターを貼ったりしました。すると、興味を持ってトイレに近づいてきてくれました。その次に「座っても出ない」ことへの対策は、根気よく続けるしかありませんでした。

気にかけて行なっていたのは、1時間おきにトイレへ連れて行き座らせるようにしたことです。時間はかかりますが、この作業がトイレトレーニングに大きく関わっていたので、頑張りました。

最後に「おしっこを教えてくれない」ことへの対策ですが、これは「あえて普通のパンツを履かせておく」ようにしました。濡れて気持ち悪くなるらしく、教えてくれるようになりました。