コンテンツへスキップ

リフォームは一つの選択肢にしておくといい

築浅の住宅ならばともかく、それなりの築年数の一戸建て住宅をリフォームする際でも、最初から「リフォームをして住む!」と決めつけてかからない方がいいですよ。言い方がちょっと悪いかも知れませんが、それなりの築年数の古い住宅は、リフォームをするよりも建て替えてしまった方が良い場合もわりとありますからね。

古い一戸建て住宅ですと、直すところが多すぎてリフォーム費用が非常にお高くなる場合もありますからね。それこそ新築の一戸建て住宅を建てるのと変わらないぐらいの費用になるのでしたら、だったら建て替えてしまった方がいいというものですから。

地味ながらも「におい」の部分においては、建て替えた方が快適だったりしますからね。やっぱり、古い住宅をベースに建て替えたところで、においがカモフラージュできなかったりしますから。やはり古い住宅のにおいは、見た目は新しい住宅のようにリフォームしても、ごまかせていなかったりしますから。同じ高いお金をかけるのならば、思い切って建て替えるのもアリだというものでしょう。