コンテンツへスキップ

夜なかなか寝付けない幼児のために

お子さんはいつも何時ころ寝ていますか?

幼児は意外と夜更かししますよね。

早く寝かしつけてゆっくり自分の時間を過ごそうと思っているときに限って寝ないものです。

どうしてこんなに小さな子が予想以上に体力を持て余しているのでしょうか。

もしかして体を動かし足りないということはありませんか?

幼児にはお昼寝が必要です。

でもこのお昼寝で午前中の疲れが一気にリセットされます。

ということは、子供たちにもう一度体が疲れるほど遊んでもらえばいいのです。

どうしたら体が疲れて、子供たちが満足すると思いますか?

例えば、夕方から晩御飯までの1~2時間程度、公園や学校のグランドで外遊びをします。

雨が降っている日は市や町の体育館で好きなだけ走り回らせましょう。

ご自分が小さいときに体を使って遊んだことを思い出してみてください。

外で鬼ごっこをしたこと、お友達と戦いごっこをしたこと、ただただ広い場所で走り回っていたこともあるかもしれません。

汗をかくほど思いきり遊ばせると「まだ遊ぶ~」のような延長申請は出ないものです。

お子さんが小さい間だけのこと。

晩御飯は少し手を抜いて、遊びに付き合う期間があってもいいのかもしれません。