コンテンツへスキップ

国立小学校の受験をしました

 うちは地方に住んでいるため、小学校受験する子はほとんどいなく、中学校受験でさえあまり盛んではありません。そんな地方で、唯一の小学校受験は国立小学校への受験です。我が子が行くはずだった校区の小学校はいまだ陰湿ないじめが横行していると近所の人からの噂で聞きました。また、小学校までがとても遠く家から2.5kmも離れているという事もあり、公共交通機関を使って行ける国立小学校受験をしてみようという事になりました。国立の小学校に行くという事は、近所の友人が出来ないという事にもなります。まだ、子供の意見と言っても幼稚園の時の選択で良くわからないというのが現状です。子供にとってどちらが良いのかを親として真剣に考え、国立小学校を選びました。小・中学校を共に過ごした同級生たちは高い目標を持ち一生懸命頑張る子が多く、とても前向きです。そんな環境で共に育った我が子も、貪欲に目標に向けて努力できる子になりました。心身の成長のために重要なこの時期、とても良い環境で過ごせたことでこの選択は間違っていなかったと実感しました。