コンテンツへスキップ

建売り住宅の設備がハイスペックで魅力!?

建売り住宅のデメリットとして、
「住宅設備が自由に選べない!」というところをあげる人もいますけれど、
しかしながらこの点はメリットとなる場合もあるのです。
なぜなら、建売り住宅を販売している会社と、深いお付き合いのあるメーカーの
住宅設備を入れている場合がほとんどですから。

なぜに「お付き合いのあるメーカーの設備を入れていることがいいの?」なんて、
ストレートに疑問に思う人もいるでしょう。
その答えをずばり言いますと、お付き合いが深いことによって、
良いスペックの設備を割安価格で入れられることがあるからです。

ですからつまり、住宅の販売価格から考えると
それよりも良い住宅設備が入っていることが多いのです。
要するに、割安価格で住宅設備を入れられることもあり、
一般的な価格から考える住宅設備よりも良いスペックの住宅設備が
入れられていることも多いのです。

ですからつまり、「建売り住宅はいいスペックの住宅設備が入れられている」
ということがメリットとしてあげられるのです。
もちろん、すべての建売り住宅がそうであるとは断定できませんけれど、
そのような傾向がありますのでですからこそ
建売り住宅はバカにできないということはいえるでしょう。