コンテンツへスキップ

注文住宅で悩むのは外構

注文住宅の場合、当然ですけれど外構に付いても自分たちで考えなくてはならないわけです。
もちろんマイホーム建設をお願いする建設会社の方にアドバイスをいただくことはできますよ。
でも注文住宅だからこそ外構はこだわりたいですね

しかし「どんな外構がいいか」「外構にどのぐらいお金をかけるのか」といったことは、
自分たちで判断しなくてはならないわけです。
それもまた、迷ってしまうところではあるのですよね。
そして結局「最低限の外構を」ということで、「外構は砂利を敷くだけ」という撰択にもなるのです。

その時の心境としては、
「外構は何も新築の時ではなくても、後からいくらでも作れる」
「外構は急ぐ必要はない」
というものなのですよね。しかし自分自身の経験から言いましても、
新築時に外構をつくっておかないとその後は手をかけなかったりするのですよね。
砂利だけ敷いて、結局築20年が経過しても新築時の状態のまま…というもので。

ですから、外構は最初にある程度作っておくのがいいでしょう。
全くこだわりのない人ならばいいでしょうけれど、ある程度したいと考えている人ならば、
なおのこと外構は最初にある程度作っておくことをオススメします。