コンテンツへスキップ

戸建やマンションに分けるとすると2種類だと思いますが、戸建ての中古戸建は、多くの魅力があると言えます。一つ大きなポイントとしては、値段が安いということです。中には中古戸建をメインで探している人もいます。中古戸建は、マイホームを少しでも安く購入したいと考えている場合にはおすすめです。金額を抑えて購入して、自分の好きなリフォームを行う人も多いです。完成している状態を見て購入することができる点や購入を決めてからすぐに住むことができるという点も魅力として挙げることができます。中古戸建は安心感があるという魅力がありますが、瑕疵保険が新築戸建てに比べて短いということが特徴です。長くても3ヶ月なので、新築の1年に比べると短く、購入してから後悔することになるかもしれないので、瑕疵保険に関して十分な理解が必要になります。中古戸建は金額的に安く購入できることは大きな魅力ですが、デメリットである瑕疵保険なども考えて購入することが肝要です。

築浅の住宅ならばともかく、それなりの築年数の一戸建て住宅をリフォームする際でも、最初から「リフォームをして住む!」と決めつけてかからない方がいいですよ。言い方がちょっと悪いかも知れませんが、それなりの築年数の古い住宅は、リフォームをするよりも建て替えてしまった方が良い場合もわりとありますからね。

古い一戸建て住宅ですと、直すところが多すぎてリフォーム費用が非常にお高くなる場合もありますからね。それこそ新築の一戸建て住宅を建てるのと変わらないぐらいの費用になるのでしたら、だったら建て替えてしまった方がいいというものですから。

地味ながらも「におい」の部分においては、建て替えた方が快適だったりしますからね。やっぱり、古い住宅をベースに建て替えたところで、においがカモフラージュできなかったりしますから。やはり古い住宅のにおいは、見た目は新しい住宅のようにリフォームしても、ごまかせていなかったりしますから。同じ高いお金をかけるのならば、思い切って建て替えるのもアリだというものでしょう。

マイホーム見学会など積極的に参加していましたが、なかなか気に入った物件が見つからず1年ほど経ったので、そろそろ決めようと話していたところ駅から徒歩10分以内に新築物件が見つかり、人気物件とのことで急いで契約しました。

見学も沢山の人が参加していたので早めに契約せねばと焦っていたので、日当たりなどあまりチェックせず駅から近いという点だけを気に入って購入しました。実際、住んでみるとマンションが近くにあるので日当たりが悪く、路地から少し入った所なので夜は街灯があまりなく人通りもないので帰宅する時は少し怖い感じがします。昼間のみ物件周辺をチェックしていたので、幅広い範囲で確認しておけばよかったと思い後悔しました。

急いで物件を選んだので結果的には失敗したと家族で話しています。日当たりが悪いので晴れた日も部屋の中は薄暗く、いつも部屋の蛍光灯をつけている状態なのでスッキリと過ごせないのは気分も沈んでしまいます。

我が家は、子供が産まれた頃はまだアパートに住んでいました。ところが子供が成長するにつれて活発になり、アパートだと音の問題や狭さ等が気になり始め、戸建てに引っ越しました。
私たち家族が住んでいる地域には、戸建ての賃貸住宅も結構たくさんあります。戸建ては子育て世代に人気らしく、私たちが引っ越した10棟の戸建てアパートにも小さい子供がいる家庭がたくさんありました。
戸建てアパートと言ってもそれぞれの建物の間隔はそれほど広くありません。それでもやはり、集合住宅に比べると日々の生活での心の余裕には大きな違いがありました。家の中で多少暴れていても、集合住宅と違って下の階への騒音や振動を気にする必要はありません。当然子供を叱る頻度も下がり、子供ものびのびと過ごせるようになりました。
地域によっては戸建ての賃貸住宅は稀少で、引っ越したいと思ってもなかなか物件が見つからないこともあるかもしれません。集合住宅には集合住宅の利点もあるけれど、子供をのびのびと育てたいなら、戸建て住宅への引っ越しはお勧めです。