コンテンツへスキップ

お子さんはいつも何時ころ寝ていますか?

幼児は意外と夜更かししますよね。

早く寝かしつけてゆっくり自分の時間を過ごそうと思っているときに限って寝ないものです。

どうしてこんなに小さな子が予想以上に体力を持て余しているのでしょうか。

もしかして体を動かし足りないということはありませんか?

幼児にはお昼寝が必要です。

でもこのお昼寝で午前中の疲れが一気にリセットされます。

ということは、子供たちにもう一度体が疲れるほど遊んでもらえばいいのです。

どうしたら体が疲れて、子供たちが満足すると思いますか?

例えば、夕方から晩御飯までの1~2時間程度、公園や学校のグランドで外遊びをします。

雨が降っている日は市や町の体育館で好きなだけ走り回らせましょう。

ご自分が小さいときに体を使って遊んだことを思い出してみてください。

外で鬼ごっこをしたこと、お友達と戦いごっこをしたこと、ただただ広い場所で走り回っていたこともあるかもしれません。

汗をかくほど思いきり遊ばせると「まだ遊ぶ~」のような延長申請は出ないものです。

お子さんが小さい間だけのこと。

晩御飯は少し手を抜いて、遊びに付き合う期間があってもいいのかもしれません。

子どものトイレトレーニングに苦労しているお母さんは多いのではないでしょうか。私もその悩めるお母さんの1人でした。私の家は「トイレに行きたがらない」「座っても出ない」「おしっこを教えてくれない」そんな状態でトイレトレーニングを始めました。

まず「トイレに行きたがらない」ことへの対策として、トイレの空間をトイレらしくないようにしました。例えば、子どもの好きなぬいぐるみを置いておいたり、お気に入りのキャラクターのポスターを貼ったりしました。すると、興味を持ってトイレに近づいてきてくれました。その次に「座っても出ない」ことへの対策は、根気よく続けるしかありませんでした。

気にかけて行なっていたのは、1時間おきにトイレへ連れて行き座らせるようにしたことです。時間はかかりますが、この作業がトイレトレーニングに大きく関わっていたので、頑張りました。

最後に「おしっこを教えてくれない」ことへの対策ですが、これは「あえて普通のパンツを履かせておく」ようにしました。濡れて気持ち悪くなるらしく、教えてくれるようになりました。

初めての子どもが生まれた後は、だれしも何もわからずに手探りで子育てをするものだと思います。私も子どもの一挙手一投足に驚き、毎日保育書を読んだりインターネットで調べたり、順調に育っているのか照らし合わせていました。

しかしそのような情報はあくまでもお手本であることが多く、全くその通りには行きません。予定より寝返りを打つのが遅い、そのようなことは個性なのに、異常があるからではないかなどと心配ばかりしていました。

離乳食作りは最もそれが顕著になったことです。保育書通りに作るには、野菜を茹でて裏ごししたり、お粥の水加減を少しずつ工夫する等、やることは山積み。泣いてばかりの子どもの面倒を見ながら離乳食を作るのはとても大変でした。

そんな時、母に言われた一言で目から鱗が落ちました。そんなに離乳食作りに必死になっている時間があるなら、もっと子どももたくさん遊んであげなさい。裏ごしなんてしなくても大丈夫。味噌汁の上澄みや、煮物をフォークでつぶしたものをあげればいいのよ。

その言葉でどれだけ私の心が軽くなったでしょう。それからは、離乳食作りだけでなく、なるべく細かいことを気にしないで子どもと楽しい時間を過ごすことを優先するようになりました。そのおかげでかわいい瞬間を見逃さず、たくさんの愛を持って子育てができたと思います。これから子どもを育てるお母さんたちに、不安にならなくても大丈夫だから、大ざっぱにやりなさい!とアドバイスしたいです。

私には3人の子どもがいますが、子ども部屋には勉強机を置いていません。

そのかわりに、家族の図書室を準備し、そこで勉強ができるようにしています。

私自身の本などを図書室に置いており、仕事などをする場合に使っています。

家族全員が図書室にいることもあり、子どもが勉強で分からないところなどは、私が教えたりもしています。

図書室を置くことで、自然と子どもが勉強をするようになり、置いてある本を読むようになりました。

図書室にはいくつかのルールがあります。

・スマホを持ち込まない。

・勉強以外の話をしない。

・食べ物、飲み物を持ち込まない。

上記のルールを作ることで、いわゆる「ながら勉強」を避けることができ、集中力を高めることができます。

3人の子どもの性格はまちまちですが、皆、読書が好きになり、「一日一時間は図書館に行く」と自発的に決めている子もいます。

子ども部屋に勉強机がないことについて、子どもから文句を言われたことはなく、今後も図書館での勉強を続けてもらいたいと思っています。

子供が「習い事をやめたい」と言いだしました。週に一度の習い事ですが、楽しくないしもういきたくないと毎週言うようになったんです。夫は「嫌いなことを無理にさせる必要はない。お金がもったいない」と言うのですが、私は嫌いなことでも我慢して続けることは大切だと考えています。

夫とは子育てであまり意見が違わなかったのですが、今回初めて子供の習い事のことで意見が違い喧嘩になってしまいました。私が子供の頃は3つも4つも習い事をして遊ぶ暇なんてありませんでした。辛いこともあったけれど、親に「やめたい」なんて言ったことはなく・・。

しかし子供と私は別人格なんですよね。子供に「じゃあ他の習い事でがんばれる?」と聞くと、「うん」と言うので、他の習い事に通うことにしました。すると毎週楽しみにして通うようになったのです。驚きました。その習い事だとグングン伸びていったんです。子供も自分からすると言った習い事なので、愚痴を言わずにがんばっています。

私が子育てを経験して感じた事、それは自分を大切にするべきだということです。
一般的に女の人は子供が産まれ、トライアルも何もなくいきなりお母さんになります。妊娠期間中にあれこれ勉強していても、育児書通りに行くことも行かないことも沢山あります。
赤ちゃんは泣くのが仕事なんて言われますが、やっぱり可愛い我が子が泣いていると何とかしてあげたくなるものです。
でも赤ちゃんにはなんで?どうして?は通じません。
お母さんならわかるでしょ?と言われてもわかりません。あれもダメこれもダメどうしたらいいの!となってしまうお母さんは多いのじゃないでしょうか。
私もそんなお母さんの1人でした。
赤ちゃんがいつ泣くかビクビクしながら、インターネットから目に入ってくるいろいろな情報振り回され、夜中に息をしているかな?なんて心配をする。毎日毎日そんなことばかりしていました。ただでさえ3時間おきの授乳で睡眠も浅く短いのに、今思うとあの時期どうやって寝ていたのかな?だと思うほど自分を労っていなかったと思います。
ある日2人の子供を育てていた姉が遊びに来た時に、言われてしまいました。自分を犠牲に赤ちゃんを育てるなんて馬鹿らしい、と。赤ちゃんの為に睡眠を削って重たい身体を酷使しながら抱っこをしていた自分からしたら目からウロコでした。
それからなんだか気持ちが楽になり、睡眠を多めにとる事ができるようになりました。
睡眠をしっかりとって心も身体も元気になってきたからなのか、泣いていても泣き顔も可愛いなーなんて写真を撮ったり、以前ならあたふたしていた泣き続ける我が子にこのおもちゃどうですかー?おっぱいですかー?違いますかー泣きたいんですねー。なーんて話しかけながら余裕を持って接する事が出来るようになりました。
赤ちゃんはもちろん大切です。でも忘れてませんか?自分を大切にすること。これから子育てをされるお母さん達に自分を大切にしてね、と伝えたいです。

我が家は、子供が産まれた頃はまだアパートに住んでいました。ところが子供が成長するにつれて活発になり、アパートだと音の問題や狭さ等が気になり始め、戸建てに引っ越しました。
私たち家族が住んでいる地域には、戸建ての賃貸住宅も結構たくさんあります。戸建ては子育て世代に人気らしく、私たちが引っ越した10棟の戸建てアパートにも小さい子供がいる家庭がたくさんありました。
戸建てアパートと言ってもそれぞれの建物の間隔はそれほど広くありません。それでもやはり、集合住宅に比べると日々の生活での心の余裕には大きな違いがありました。家の中で多少暴れていても、集合住宅と違って下の階への騒音や振動を気にする必要はありません。当然子供を叱る頻度も下がり、子供ものびのびと過ごせるようになりました。
地域によっては戸建ての賃貸住宅は稀少で、引っ越したいと思ってもなかなか物件が見つからないこともあるかもしれません。集合住宅には集合住宅の利点もあるけれど、子供をのびのびと育てたいなら、戸建て住宅への引っ越しはお勧めです。

 うちは地方に住んでいるため、小学校受験する子はほとんどいなく、中学校受験でさえあまり盛んではありません。そんな地方で、唯一の小学校受験は国立小学校への受験です。我が子が行くはずだった校区の小学校はいまだ陰湿ないじめが横行していると近所の人からの噂で聞きました。また、小学校までがとても遠く家から2.5kmも離れているという事もあり、公共交通機関を使って行ける国立小学校受験をしてみようという事になりました。国立の小学校に行くという事は、近所の友人が出来ないという事にもなります。まだ、子供の意見と言っても幼稚園の時の選択で良くわからないというのが現状です。子供にとってどちらが良いのかを親として真剣に考え、国立小学校を選びました。小・中学校を共に過ごした同級生たちは高い目標を持ち一生懸命頑張る子が多く、とても前向きです。そんな環境で共に育った我が子も、貪欲に目標に向けて努力できる子になりました。心身の成長のために重要なこの時期、とても良い環境で過ごせたことでこの選択は間違っていなかったと実感しました。

我が家には、1歳3ヶ月の姫がいます。とってもヤンチャな姫様です。主人と産まれる前から「とにかく本人の興味を持った物はやらせてあげよう」と、話し合ってきました。なので、色々な事に興味津々のヤンチャ姫に、色々なことをチャレンジさせてあげています。
歩き出しが9ヵ月と早かったので、外に遊びに行った時など、滑り台に興味を持ち、一緒に支えながら滑ったりしました。
最近、お片付けにはまっており、ご飯を食べた後の食器を、主人と二人で一生懸命運んでくれます。ご飯後のお片付けタイムが、我が家のホッコリタイムになっています。
オムツのお片付けも、オムツポットに持っていって入れてくれる様になりました。洗濯を取り込んだ時、何気なく渡したら、居間まで運んでくれました。教えた訳ではないのに、子供ってしっかり見ているんですね。
色々な事を、自分で見て発見して成長していくんですね。只今、色々と習得中の姫。どんなレディになるのか、父母楽しみでございます。

お子さんに対して英語教育はいつから習えばいいのか子育てしている方にとっては知っておきたい点です。具体的に英語教育に関してはいつからと言う明確な時期はなく、幼児期は脳が急激に成長するために、できるだけ早めに英語教育を始めると良いと言われています。早くから英語教育をしすぎると日本語がおぼつかなくなる点もあるためにバランスが必要と言えます。0~1歳児の赤ちゃんの英語教育はCDやDVDがおすすめです。おもちゃなどを通じて英語の歌を流したりなど、まずは慣れていただくことから始めます。ネットおいても動画配信サイトにおいて海外のチャンネルをつけることができるために予算的にコスパを目指している方は有効的と言えます。脳の成長がめざましいこの時期は聞いた英語を素早く吸収し、常日頃から英語が飛び交う環境にいれば、ネイティブ並みの英語力を身に付けることが可能です。母国語が日本語であることを理解してバランス良く、言葉に触れさせることが大切と言えます。