コンテンツへスキップ

私が子育てを経験して感じた事、それは自分を大切にするべきだということです。
一般的に女の人は子供が産まれ、トライアルも何もなくいきなりお母さんになります。妊娠期間中にあれこれ勉強していても、育児書通りに行くことも行かないことも沢山あります。
赤ちゃんは泣くのが仕事なんて言われますが、やっぱり可愛い我が子が泣いていると何とかしてあげたくなるものです。
でも赤ちゃんにはなんで?どうして?は通じません。
お母さんならわかるでしょ?と言われてもわかりません。あれもダメこれもダメどうしたらいいの!となってしまうお母さんは多いのじゃないでしょうか。
私もそんなお母さんの1人でした。
赤ちゃんがいつ泣くかビクビクしながら、インターネットから目に入ってくるいろいろな情報振り回され、夜中に息をしているかな?なんて心配をする。毎日毎日そんなことばかりしていました。ただでさえ3時間おきの授乳で睡眠も浅く短いのに、今思うとあの時期どうやって寝ていたのかな?だと思うほど自分を労っていなかったと思います。
ある日2人の子供を育てていた姉が遊びに来た時に、言われてしまいました。自分を犠牲に赤ちゃんを育てるなんて馬鹿らしい、と。赤ちゃんの為に睡眠を削って重たい身体を酷使しながら抱っこをしていた自分からしたら目からウロコでした。
それからなんだか気持ちが楽になり、睡眠を多めにとる事ができるようになりました。
睡眠をしっかりとって心も身体も元気になってきたからなのか、泣いていても泣き顔も可愛いなーなんて写真を撮ったり、以前ならあたふたしていた泣き続ける我が子にこのおもちゃどうですかー?おっぱいですかー?違いますかー泣きたいんですねー。なーんて話しかけながら余裕を持って接する事が出来るようになりました。
赤ちゃんはもちろん大切です。でも忘れてませんか?自分を大切にすること。これから子育てをされるお母さん達に自分を大切にしてね、と伝えたいです。

注文住宅の家づくりが魅力的に感じる方の多くは自分らしく生活したいと思っているのではないでしょうか。注文住宅では自分達の理想を形にする事が出来るので、自分達らしい暮らしが出来る好みの家を建てる事が可能です。理想を実現させる為には信頼できる業者を選んで家作りを進める必要がありますが、どのように業者を選んだら良いのか分からない方も多いでしょう。

どの業者が良いのか判断する為には、業者の実績を確認するのが非常に良い方法ですが、今までどのような家作りを行って来たのか実績を見て、自分達の理想に近い家作りを行っているのか判断する事で決める事が出来るのでは。また実際に建てた家を見学出来る機会などがある場合は積極的に参加するようにしましょう。

また業者のホームページや、家作りに関する資料集めも非常に重要になります。ホームページでは業者の考え方や、こだわりをチェックする事が出来るので確認しておく事が大切になります。家づくりの成功は情報収集も非常に大切なのです。

マイホーム見学会など積極的に参加していましたが、なかなか気に入った物件が見つからず1年ほど経ったので、そろそろ決めようと話していたところ駅から徒歩10分以内に新築物件が見つかり、人気物件とのことで急いで契約しました。

見学も沢山の人が参加していたので早めに契約せねばと焦っていたので、日当たりなどあまりチェックせず駅から近いという点だけを気に入って購入しました。実際、住んでみるとマンションが近くにあるので日当たりが悪く、路地から少し入った所なので夜は街灯があまりなく人通りもないので帰宅する時は少し怖い感じがします。昼間のみ物件周辺をチェックしていたので、幅広い範囲で確認しておけばよかったと思い後悔しました。

急いで物件を選んだので結果的には失敗したと家族で話しています。日当たりが悪いので晴れた日も部屋の中は薄暗く、いつも部屋の蛍光灯をつけている状態なのでスッキリと過ごせないのは気分も沈んでしまいます。