コンテンツへスキップ

赤ちゃんはまだ話せないと思われがちですが、言葉は出なくても実はもう会話の内容がわかるという説もあります。
言いたいことがあるのに言葉に出せて言えない、自分の気持ちが伝わらずにイライラする。これは大人でも辛いことです。
赤ちゃんはまだ言葉こそ出ませんが、自分の意思はあると思っています。なので小さいうちから、できるだけ言葉にして本人が言いたかった思いを代弁してあげるようにしてます。
お友達と游ぶようになってくると、うまく気持ちが伝わらず手が出てしまうこともしょっちゅうです。手を出してはいけない!と叱る前に、まずどうしたかったのか聞いてあげます。おもちゃを取られて嫌だったんだね、まだ遊んでいたかったんだねと代弁し、嫌だったら嫌だって言っていいんだよ、と繰り返し伝えることで、手を出すことも落ち着いてきました。
いきなり叱ると意思を否定することになります。まずは言い分なり主張を聞いて言葉に出してあげて、言いたかったことが伝わったという安心感がとても重要だと思っています。

PR|新築一戸建てが欲しくなったら|

赤ちゃんのご飯の話ですが、1歳後半になると、もうほとんど大人と同じようなものが食べられるという話を保健所で聞きました。
見本のご飯の量が、机に置いてあって、朝、昼、晩と3食がプレートにのっていました。
私はそこに載っている見本を見て驚きました、自分が子供にあげている寮の1,5倍か、二倍くらいのりょうに感じたのです。栄養士さんに、「ほんとにこんな量食べるんですか?」と聞くと、「もっと食べる子もたくさんいますよ」答えられました。子供によって全く食べる量が違うことに驚きました。
我が家の子は、お米ばかり食べています。最近はおかずも食べてくれるようになったのですが、1時期はお米以外は食べないので心配になりました。栄養は足りているのだろうかと、相談しました。
すると栄養士さんは、お米だけでも食べているんだから大丈夫、食べてみたいなと思わせるのが大事だから、ご両親が美味しそうに食べてるのを良く見せてあげてくださいと言われました。
お米ばかり食べて、体が弱くなることはないそうです。話ができて安心しました。
初めての子育ては不安でいっぱいで、分からないことばかりですが、専門家の先生に相談する機会があったりするときは、聞きたいことをメモしておくのもいいかと思います。

30代後半、幼稚園児の母です。私たち家族は田舎に住んでいるので、買い物などは週に一度とまとめて行っています。ある日、子どもの歯磨きをしていた夫が大声で言いました。「ちょっと、この歯磨き、子どもには使用禁止って書いてあるよ!?」

その前に子どもの歯磨きが切れていたので、大人の歯磨きジェルを使用させていたのでした。子どもは幼児専用の甘ったるい歯磨きを「何だか臭くて嫌だ、パパママと同じスースーするやつがいい」と前々から言っていたので、別にいいかなと思って新しく幼児専用歯磨きを買わずにいたのです。

大人用の歯磨きを子どもに使用させてはいけない…これは明らかに私の失態でしたが、腕組みをして考え込む私に夫は言いました。「2-3日使わせたからって、歯がどうにかなるわけじゃないよ。」と。

私も忙しく、遠くのスーパーへ買い出しに行けるのはまだ数日先のことでした。無理をして子ども専用の歯磨きを買いに行かなくてもいい、と暗に言ってくれたのですが、それではっと思いました。確かに、本来の使用法とは異なるけれど、数日間の使用で子どもの歯に悪影響が出るというわけではない。少し柔軟に考えておこう。キリキリと育児ストレスを感じて上がり始めた眉が、すうっと下がって戻りました。

PR|格安の一戸建てをお探しなら

友人は以前建売住宅を買いました。安かったからという理由で買ったのですが、今ではケチばかりつけています。
ベランダが欲しかったとか、二階にもトイレが欲しいとか、リビングが狭すぎるとよく言っています。
そんな話を聞いていると、私は家を買うなら絶対に注文住宅にしたいと思うのです。

人生の中で一番高い買い物になるでしょう。人生の中で一番悩む買い物にもなるでしょう。
だから建売住宅で我慢しようとは思いません。
部屋の広さも数も、そしてベランダの広さだって自分で決めたいのです。
無駄なところは必要ありません。使うところを広くしたいのです。
そして絶対に必要であろう、収納は多めに作りたいと思うのです。それができるのも注文住宅ならではです。

建売住宅でも気に入ったのならそれでいいと思うのです。
でも安いかという理由だけでは絶対に買う事はないでしょう。友人がいい見本でもあるのです。

この先いつかきっとマイホームが欲しくなるでしょう。そんな時にはじっくりと悩んで、最高の注文住宅を建てたいです。